お知らせ

 

※このページではJPACに寄せられた協力企業の絵付け関連情報を掲載致しております。

 掲載ご希望の方はお問い合わせの上、画像はJPGファイル・資料はPDFファイルにてお送下さい。

 掲載された情報の内容に関しては、当事者間でご確認下さい。

 


国際公募 東京アート工芸 2022

会 期  2022年6月23日(木)~2022年6月26日(日)

会 場  東京芸術劇場5階ギャラリー1・2 https://www.geigeki.jp/access/index.html

※JPACは国際公募東京アート工芸2022に協賛し、JPAC賞を出させていただく運びになりました。


九州陶磁器展 横山美術館

会 期  2022年1月21日(金)~2022年4月17日(日)

会 場  横山美術館 https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/


「九谷細描 赤絵の世界」Vol.3

会 期  2021年12月22日(水)~2022年1月10日(月)

会 場  銀座の金沢

        東京都中央区銀座1-8-19

休業日  12/31,1/1

開館時間 11:00~19:00

                   *12/30 16:00閉店、1/2・1/3 11:30~16:00


第3回 現代加賀九谷焼作家展

会 期  2021年09月08日(水) 09:00~2021年09月14日(火) 15:00

会 場  丸善 丸の内本店 4階ギャラリー・特設会場 9:00~21:00(最終日は15:00閉場)
     丸善 日本橋店  3階ギャラリー・特設会場 9:30~20:30(最終日は15:00閉場)
     《入場無料》


デミタスカップの愉しみ

会 期  2021年8月24日(火)~10月10日(日)

会 場  松濤美術館

        東京都渋谷区松濤2-14-14

休館日  毎週月曜日

     *ただし9月20日は開館、9月21日(火)、24(金)休館

開館時間 10:00–18:00

     


ルネ・ラリック リミックス

会 期  2021年6月26日(土)~9月5日(日)

会 場  東京都庭園美術館(本館+新館)

      東京都港区白金台5-21-9

休館日  毎週月曜日

     *ただし7月26日、8月2・9・30日は開館、8月10日(火)休館

開館時間 10:00–18:00

     *入館は閉館の30分前まで


『KUTANIの新しい風 Ⅱ』柿傳ギャラリー

会 期  2021年3月5日(金)~2021年3月11日(木)

会 場  柿傳ギャラリー https://www.kakiden.com/gallery/

     入場無料


『魅惑の陶磁』 平成記念美術館ギャラリーコレクション展

会 期  2021年3月6日(土)~2021年4月10日(土)

会 場  平成記念美術館ギャラリー https://www.heiseikensetu.co.jp/gallery/

     入場無料


『瀬戸美濃の美』 横山美術館

会 期  2021年3月13日(土)~2021年6月13日(日)

会 場  横山美術館 https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/


『ウツワトエツケ』

    ~絵付俊英作家5人展~

 

 ■2月17日(水)→23日(火・祝)

  ※最終日は午後5時閉場。

  ※会期中は作家が交代で在廊します。

 ■日本橋高島屋S.C.本館7階

  ギャラリー暮らしの工芸

  東京都中央区日本橋2-4-1 代表TEL(03)3211-4111

 

 5人の陶絵付作家による手法の垣根を越えた

 様々な絵付けの形。5つの個性を、ぜひご高覧ください。

 

 合同会社ウツワトエツケ

 〒153-0044 東京都目黒区大橋1-8-11-403

 http://www.instagram.com/utsuwatoetsuke/

 http://utsuwatoetsuke.shop/


目でも陶酔できる

『ウイスキーボトル展』 横山美術館

会 期  2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)

会 場  横山美術館 https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/


特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」

柏葉蒔絵螺鈿六角合子 室瀬和美作 平成26 年(2014) 個人蔵
柏葉蒔絵螺鈿六角合子 室瀬和美作 平成26 年(2014) 個人蔵

展示構成
第1章 金は永遠に光り輝き、銀は高貴さに輝く
第2章 黒はすべての色を内に吸収し、白はすべての光を撥する
第3章 生命の赤、自然の気
第4章 水の青は時空を超え、樹々と山々の緑は生命を息吹く

 

会  期  2020年9月21日(月・祝)~11月15日(日)

会  場  東京国立博物館 表慶館(上野公園)

開館時間  9:30~17:00(会期中の金曜・土曜は21:00まで開催)

休館日   月曜日(※9月21日(月・祝)は開館、9月23日(水)は休館)


      



特別企画 和巧絶佳展令和時代の超工芸

 

安達大悟、池田晃将、桑田卓郎、坂井直樹、佐合道子、髙橋賢悟、舘鼻則孝、新里明士、

橋本千毅、深堀隆介、見附正康、山本茜

 

日本の美意識に根ざした工芸的な作品によって、いま最も注目されている1970年以降に生まれた12人の作家を紹介

 

2020718日(土)~922日(火・祝)

 

午前10時より午後6時まで(ご入館は午後530分まで)

 

パナソニック汐留美術館

東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4

JR「新橋」駅より徒歩約8分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩約6分、

都営大江戸線「汐留」駅より徒歩約5

 

 

 


東京国立博物館で特別展「工藝2020 -自然と美のかたち-」

日本が世界に発信する芸術文化を牽引する現代の工芸作家、82名の自由な感性によって多彩な芸術表現を発揮した作品を展示

  

2020921日(月・祝)~1115日(日) 

 

  

東京国立博物館 表慶館(上野公園)

 

 


『国際公募 東京アート工2020』


横山美術館 『陶板展』


下記ボタンをクリックするとフェイスブックの最新ページがご覧になれます。

Face book